気をつけているポイント:消防法

気をつけているポイント:消防法 民泊運営代行は、オーナーより物件を預かり管理する立場になりますが、気を付けることとしては法律違反にならないことです。その一つとしては消防法が存在し、それは建物の火災からゲストを守るために必要な措置を行っているかどうかが問われるケースがあります。
日本の家屋は木造を主体とした建物が多いため、木造建築の弱点は火災などの原因により人命が損ねたり、周囲の建物を延焼してしまい、莫大な被害がでることが予想されます。そのため消防法の法律に則った形で建物の管理を行うことがポイントになります。
民泊運営代行では、ゲストに宿泊する場所をオーナーを代理して提供を行うため、提供をするための規制などには常に敏感とならなければなりません。物件の性質や特徴によって規制の内容が違ってくるため、それを把握していることが重要です。
もちろん民泊運営代行の業者は、必要があればオーナーと相談の上に必要な措置を果たすようにする義務も生じます。

重要な民泊の法律上の建物構造について

重要な民泊の法律上の建物構造について 日本では、民泊と言う旅館業許可はありません。宿泊事業は、不特定多数の人が出入りするため犯罪の温床になる可能性を秘めています。民泊新法による民泊では、構造上の定めも台所・トイレ・浴室など住宅に備わる設備があればよいです。ただし構造上の問題で気を付ける必要があるのが、住宅宿泊事業として必要な法律で消防法による規制がされていることがあるのでチェックが必要です。対象となる建物が適合した建物になっているかを確認する必要があります。

またオーナーが不在型の施設では、民泊運営代行の会社に全ての業務を丸投げすることが必要になります。一部をオーナーがやったり複数の民泊運営代行会社に依頼することは認められていません。このため、民泊新法の施行に合わせて旅行業界や不動産業界の大手が民泊運営代行に参入することで競争が非常に激しくなります。民泊運営代行ができる業務の範囲は広く、鍵の管理からマニュアルの準備まで外国人対応ができます。

新着情報

◎2019/3/7

気をつけているポイント:消防法
の情報を更新しました。

◎2019/1/15

法律に対応できる民泊運営
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

民泊運営代行にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

効率よく集客するなら民泊運営代行
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

収益重視なら民泊運営代行を
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「民泊 消防」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@re001002 小学生の頃、落ちていて箒で掃いた覚えがあります。🧹💨 このマークの有無で消防検査の結果が分かれる通り、民泊オーナー様から猛烈に求められているモノですから、間違えて取って捨てない様にしなければなりません。 pic.twitter.com/0urudDGHiA

Twitter青木防災㈱【公式】🧯@aokibosai

返信 リツイート 21分前

桒原です‼️ 久しぶりに入ったス○ローにて見付けましたよ!! 防炎暖簾(のれん) 民泊やホテルでは、防炎カーテンや防炎ブラインドなどの防炎品を付けるように心掛けて下さい♩ 消防署に確実にチェックされる項目です♩ #消防設備 #消防設備点検 #防炎 pic.twitter.com/vUqEKO6rr3

Twitter株式会社 WAVE1【公式】@WAVE1_Fire

返信 リツイート1 18:50

消防署の民泊関連。 本当にエリアによって、基準が全然違う。 厳密には「担当者ごとに」違う。 っていうかですね。 「担当者が民泊のことをほとんどわかってない」 ことが大半。 すごい世界やなぁ。カオスすぎる。

Twitterおか@空き家募集中@okazaky

返信 リツイート 16:58

返信先:@araichuu 民泊は転貸が一番効率は良いですね~ ただ・・消防適合の費用はどっちが持つか?ですが まぁ逆に福岡で物件仕込んでも面白そうとかは思ってるのはあるんですけどね(;´∀`)

Twitterカナリヤ組長(どエンマ君)@hirosan32810539

返信 リツイート 昨日 23:36

民泊を運営する準備を着々と進行中!火災報知器を全部屋設置完了! 消防検査も通過いたしましたので、あとは通知書が出来上がるのを待つだけです! pic.twitter.com/wkfHglhmpQ

消防設備士、電気工事士、リフォーム、宅建士、あと私が集まったら完璧な自社完結の民泊コンサル会社できるよなぁ。

民泊物件で良物件がでたときのスキーム(後半) 1、消防設備屋に依頼 2、インテリアデザインの決定 3、内装見積もりと発注(壁紙、床など) 4、家具発注、セッティング 5、写真撮影、リスティング作成、ハウスマニュアル作成 6、代行業者との契約、産廃業者との契約 7、許可下り次第スタート

Twitterおか@空き家請負人@okazaky

返信 リツイート 3/16(土) 11:26

民泊物件で良物件がでたときのスキーム(前半) 1、申し込む 2、図面取り寄せる 3、行政書士に問題がなければ見てもらう 4、消防署に図面を持ち込み事前相談 5、消防設備に見積もりを出してもらう 6、保健所に図面を持ち込み事前相談 7、3~6で問題がなければ契約 8、行政書士に手続き依頼

Twitterおか@空き家請負人@okazaky

返信 リツイート 3/16(土) 11:24

民泊の手続きが面倒だからこうなる。 特に消防関係。

民泊向けの消防設備導入を行うことになる。 estate-investment.geo.jp/2019/03/post-4…